サイトへ戻る

ヘブライ語原書

表紙だけ紹介

 ヘブライ語の原書たち。奥の列一番左から最新作『銀河の果ての落とし穴』(仮)、『キッシンジャーが恋しくて』、『突然ノックの音が』、『安っぽい月』、真ん中のピンクの表紙が『パイプライン』。

 手前の3冊は絵本で、左は名作「ブタを割る」の絵本版。真ん中はシーラとエトガルの共作『月のない夜』、右はエトガル作の『小さな王国』。

『ブタを割る』の表紙裏には著者ふたりの肖像が。こういうところがまたサービス精神の旺盛さを物語っている。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。